読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーフェクトワン 40代の乾燥肌に使ってみました!<お試しクチコミ>

【パーフェクトワン】コラーゲン入りのオールインワンジェルを40代のカサカサ乾燥肌に使ってみました。口コミレビューです。

アンチエイジングの遺伝子コスメとは?

f:id:hapihapitasutasu:20160801174704j:plain

 

肌の老化を決めているものは何なのでしょうか。

それは各人の遺伝子が決めているということで、最近雑誌やテレビなどのメディアで遺伝子コスメというものが取り上げられています。

遺伝子コスメとは今までのスキンケアと何が違うのでしょうか。

 

 

今までのスキンケアとの違い

今までのスキンケアは肌を清潔に保つことを目的としたものが主流でした。

保湿機能を上げたり、皮膚の代謝やターンオーバーを正常にしたりするものです。

 

そして、もう一つが抗酸化のアプローチをするスキンケアが登場しました。

これは、肌を構成している細胞が、日々活動する中で酸化するのを防ぐのを助けるものになります。酸化とは身体が錆びつくことであり、このサビをそのままにしておくとどんどん身体が老化していきます。

 

抗酸化力のある成分としてビタミンC、EやコエンザイムQ10、リコピンなどがあります。

そして最近注目されているものが遺伝子コスメです。

これは近年の遺伝子研究に基づき、人が老化するプロセスが段々と解明されてきたことから始まったものです。

 

2003年にヒトゲノムの解読はされましたが、その中身までは解読されていませんでした。

しかし最近はその中身や働きまで解明されてきており、老化を遅らせる研究が進んでいます。

自分の遺伝子を解析する会社まで出来ているので、自分の遺伝子構造は気軽に分かるようになっています。

 

 

体の中の遺伝子の働き

人の体は60兆個の細胞で作られていて、その細胞の中にDNAと呼ばれる螺旋状の遺伝子対があります。

そして25000〜26000個の遺伝子の対が存在しており、その遺伝子の一つ一つに意味があります。

そして生まれた時から死ぬまでその遺伝子の配列は変わりませんし、頭の先から爪先まで遺伝子の構造は変わらないのです。

 

しかし場所によって遺伝子の働きが違うといわれています。

髪の毛の部分は、髪の毛の遺伝子が発現しており、目の部分は目の遺伝子が発現しています。

そして老化の研究をしていくにつれて、発現のパターンが加齢とともに変わっていっているということが分かりました。

例えば、人は紫外線を浴びるとメラニンを出す為にメラノサイトを活性化させる遺伝子が発現します。

 

そして紫外線がなくなると、その部分の発現が少なくなるということを繰り返しています。

しかし、食生活やストレスやホルモンバランスなどが原因で、年齢を重ねるとその発現が元とは違う状態で慢性化してしまいます。

これが肌を形成するコラーゲンで起きれば、コラーゲンが減少してしまい、肌が垂れてきます。

 

このように遺伝子の配列は変わらないけれども、遺伝子の発現の状態が変わってくるのです。

遺伝子の発現が変わるということは、私達の身体にも変化が起きてきます。

見た目年齢が変わるというのはこういうメカニズムだったのです。

 

 

遺伝子コスメ

ここで遺伝子コスメが何をしているかというと、その発現の状態を年老いた状態から若い状態に戻すということをやっています。

細胞は遺伝子を元に機能しますので、命令を出す遺伝子の発現が若い時の状態に変われば、身体にも違って現れます。

 

このような研究は遺伝子のリセットということで、美容面だけでなく健康面にも応用できるということで、注目を集めています。

ただここで注意して置かなければならないことは、一つの遺伝子の発現状態が良くなったからといって、他のものに悪影響を与える可能性があります。

遺伝子の発現全体を解明して、肌に関わる遺伝子の数などまで特定してから製品化するところまでしないと安心できません。

 

例えば、コラーゲンは増えたけれどもシミが増えたなどということになりかねないのです。

 

以上から、遺伝子コスメは今までのスキンケアと違い、老化の根源にアプローチする画期的なものですが、まだまだ研究が深まってから使うのが良いのかもしれません。