読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーフェクトワン 40代の乾燥肌に使ってみました!<お試しクチコミ>

【パーフェクトワン】コラーゲン入りのオールインワンジェルを40代のカサカサ乾燥肌に使ってみました。口コミレビューです。

乾燥肌が気になる40代の年齢肌対策は?ダブルのケアでトラブル知らずに

f:id:hapihapitasutasu:20160908143851j:plain

出典:http://weheartit.com/


40代になると女性ホルモンやセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン等の美肌成分は急激に減少していきます。
美肌成分が肌から減少した結果、乾燥しやすくなります。

皮脂の分泌量も減っていきますので、角質層が厚くなって、お肌はゴワゴワに硬くなる為、化粧品の有効成分がお肌の奥まで浸透していきにくいことで、毎日しっかりスキンケアを行っても乾燥がなかなか改善されない事があります。

更に20代の頃と比べるとターンオーバーの周期は大幅に遅れてしまいます。
そのため、お肌のバリア機能が崩れてしまい、乾燥肌がどんどん悪化していきます。
お肌の乾燥は、しわやたるみ、シミ、くすみ、毛穴トラブル、肌荒れなどあらゆる肌トラブルを引き起こす原因となりますので、是非、乾燥を防ぎたいものですよね。

そこで、40代の乾燥対策についてご紹介したいと思います。



スキンケアによる乾燥対策、スキンケア商品を選ぶ



スキンケアと言っても、なんでも闇雲に行えば良いわけではありません。
年齢肌に合った、適切なスキンケアを行うことで、乾燥してしまった肌を改善することができます。
スキンケア商品を選ぶ際に必要なポイントを3つ紹介します。


1.保湿成分豊富なスキンケア化粧品を選ぶ。

40代になるとホルモンバランスの崩れ、皮脂やコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド等の保湿成分の急激な減少などにとって、お肌の乾燥が進んでいきます。
その為、40代の方は、上記の成分が多く含まれているスキンケア化粧品を選ぶことが大切です。
特に保湿力に優れているセラミドによる高保湿ケアがオススメです。
セラミドの中でも「ヒト型セラミド」は特に保湿力が高いので、乾燥が酷い場合は、非常に有効です。


2.低刺激のスキンケア化粧品を選ぶ。

乾燥していると刺激を感じやすくなります。その刺激によって、お肌は益々乾燥し、
やがて敏感肌となってしまう恐れがあります。
敏感肌になると更に刺激を感じやすくなり、すぐに肌荒れや痒み、湿疹などが起こりやすくなりますので、乾燥肌を悪化させない為にも「アルコール」や「合成香料」などのお肌に刺激を与える成分が入っていない低刺激のスキンケア化粧品を選びましょう。


3.エイジングケアに有効なスキンケアケ化粧品を選ぶ。

潤いを奪い、ハリと弾力を失わせ、しわやたるみを生じさせてしまう乾燥は、いつまでも若々しいお肌でいたいと願う女性にとって、大敵です。
上記のようなエイジングサインが現れ始める前にしっかりと乾燥対策を行っていきましょう。その為にはエイジングケアに有効な成分(プラセンタやアスタキサンチン、EGFなど)が配合されたスキンケア化粧品を選ぶことが大切です。
特にEGF(細胞再生因子)は、加齢によって乱れたターンオーバーを正常化して、
衰えたお肌を再生する能力に長けていますので、オススメです。



生活習慣改善による乾燥対策



40代になるとスキンケアだけでは乾燥肌がなかなか改善されない事が多くなりますので、スキンケアだけでなく、生活習慣を一度見直してみるということも重要です。
2つ簡単に改善できそうな事を上げてみました。


1.エアコンの効いた部屋に長時間いる。

お肌が乾燥してしまう原因にエアコンがあります。
オフィスのエアコンは、大勢で使用するものなので、なかなか自分のベストな温度調節がしにくいですので、以下のような工夫を行うようにしましょう。

・水分をしっかり補給する
・ミスト化粧水でこまめに保湿する
・観葉植物をデスクに置く

水を飲んで、体の内側、そして、ミスト化粧水で体の外側から水分を補給することで、しっかりとした乾燥対策が行えます。
水分補給と言っても、コーヒーを飲む場合、砂糖やミルクを入れていないブラックコーヒーが良いでしょう。
お砂糖を入れると、むくみの原因になったりカロリーの摂りすぎになってしまいます。砂糖は体を冷やす原因にもなりますので、注意が必要です。
コーヒーばかり飲むのではなく、水や紅茶なども飲むようにすると、乾燥をうまく防ぐことができるでしょう。

観葉植物は、根から水分を吸収し、葉から水分を蒸発してくれますので、プチ加湿器として、利用すると良いでしょう


2.熱いお風呂に長時間入る。

乾燥しやすい環境の一つにお風呂があります。
入浴後のお肌は毛穴が開いた状態ですので、水分蒸発が進みやすい為、乾燥しやすくなります。
特に42度以上の熱いお風呂に長時間入るとお肌がふやけて、保湿成分がお湯に溶け出してしまう確率が大きくなります。

また熱いお風呂に長時間入ると皮膚が刺激を受けやすくなることで、痒みが生じる事があります。
乾燥肌になると熱いお風呂によって、よりお肌が刺激を受けやすい状態となりますので、注意しましょう。

お肌が乾燥しやすい40代の方は38度~40度の少しぬるいと感じるくらいの温度がベストです。
特に全身浴は、体の血行を良くし、リラックスもできます。
リラックスできることで、お肌のターンオーバーを整えてくれる効果も期待できますのでオススメです。

これにより、天然保湿因子(NMF)を持った新しい皮膚がスムーズに再生されていきますので、ハリと弾力、潤いのあるお肌を取り戻す事が出来るようになります。



まとめ



このように40代になると、今までお肌に存在していた保湿成分が急激に減少することで、乾燥肌になってしまうことがあります。
40代になったら保湿重視のスキンケアを行っていくことが乾燥対策では大切です。
プラスして、生活習慣による乾燥対策もしっかりと行っていけば乾燥とは無縁の若々しいお肌を保つ事が出来るでしょう。

 


乾燥対策にお勧めできるスキンケア商品はこちら
      ↓   ↓   ↓   ↓