読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーフェクトワン 40代の乾燥肌に使ってみました!<お試しクチコミ>

【パーフェクトワン】コラーゲン入りのオールインワンジェルを40代のカサカサ乾燥肌に使ってみました。口コミレビューです。

肌荒れ改善に有効な食べ物って?

f:id:hapihapitasutasu:20161005112300j:plain

 

毎日、スキンケアを欠かさず行っているのになかなか肌荒れが改善しないというお悩みを抱えている人はいませんか?
そんな人はひょっとしたら毎日の食事が影響を及ぼしている可能性があります。
特に大人の肌荒れは、薬や化粧品で改善することは難しいと言われていますので、是非、毎日の食事からお肌をケアしていきたいですね。


そこで今回は、一体どんな食事を摂り続ければ肌荒れが改善されるのか?
或いは逆にどんな食事を摂り続けると私たちのお肌は荒れてしまうのか?


肌荒れの改善に有効な食べ物&肌荒れを起こす食べ物について、ご紹介したいと思います。

 

 


肌荒れには、ビタミンがベスト!

肌荒れ=ビタミンというイメージを持っている方は多くいるかと思います。
確かにビタミンは肌荒れを改善させてくれる栄養素です。


ですがビタミンには様々な種類があります。
そして、肌荒れにも様々な種類があります    


そのビタミンがどんな肌荒れに効くのかを知ることでよりスムーズに、より効果的に肌荒れを改善することが出来ますので、是非、知っておきましょう。


1 ビタミンC・・・ニキビ、ニキビ跡、シミに有効。

ビタミンCは皮脂の過剰分泌を抑制してくれますので、毛穴が皮脂で詰まり、ニキビが発生するリスクを抑えてくれます。またビタミンCには抗炎症作用もありますので、出来たニキビの炎症を鎮めてくれます。
更にビタミンCはメラニンの還元作用を持っていますので、色素沈着を起こして、肌に残ったニキビ跡を薄くしてくれます。


この為、ビタミンCはシミにも有効となるので、多くの美白化粧品に配合されています。

 
【ビタミンCが多い食品】

・キャベツ
・ブロッコリー
・赤ピーマン
・アセロラ
・パセリ
・レモン
・イチゴ
・キウイ
・グレープフルーツ


2 ビタミンB群・・・吹き出物、湿疹、皮膚炎に有効。

ビタミンB2には、お肌のターンオーバーを促す働きがありますので、ビタミンB2を摂ることで、肌の再生能力を高めて、肌荒れを改善させることが出来ます。
ビタミンB6には、免疫力を高める働きがありますので、ビタミンB6を摂ることで、アレルギーによる湿疹や皮膚炎を予防・改善することが出来ます。

 
【ビタミンB群が多い食品】

・豚レバー
・牛レバー
・鶏レバー
・うなぎ
・マグロ
・かつお
・しじみ
・わかめ
・納豆
・銀杏
・ほうれん草
・バナナ

3 ビタミンE・・・紫外線やストレスによる肌荒れに有効。

ビタミンEには高い抗酸化作用がありますので、紫外線やストレスなどによって増える活性酸素を除去して、お肌にダメージが及ぶのを防いでくれます。
またお肌のバリア機能を高めてくれたり、血行を良くしてくれますので、肌荒れが起きない健やかなお肌を保ってくれたり、肌荒れによってダメージを受けたお肌をスムーズに修復してくれます。

【ビタミンEが多い食品】

・うなぎ
・アーモンド
・明太子
・アボガド
・カボチャ
    

 


肌荒れを起こす食べ物

肌荒れを招く食べ物には以下の通りです。

・脂っこい食べ物
・糖分の多い食べ物
・食品添加物の多い食べ物
・塩分の多い食べ物
・刺激のある食べ物

ココナッツオイル、オリーブオイルなどのオイルは近年、美容効果があるとして、毎日の食事に摂り入れているという女性も少なくないかと思います。
しかし、オイルであることに変わりはありませんので摂り過ぎると逆にニキビや吹き出物などの肌荒れを起こしてしまいますので、注意しましょう。

ケーキやチョコレートなどの甘い食べ物が大好きと言う女性は少なくないかと思いますが糖分を摂り過ぎると皮膚の免疫力がダウンし、皮膚や毛穴が炎症を起こすことで、ニキビや吹き出物、湿疹などの肌荒れが起こる恐れがあると言われていますので、甘い物の食べ過ぎはNGです。

ファストフードやインスタント食品、コンビニ弁当などには食品添加物が多く含まれています。

食品添加物は体にとっては毒(異物)ですから上記のような食生活を続けていると体内に活性酸素が増えて、ニキビや吹き出物などの肌荒れが引き起こされてしまう恐れがありますので、注意しましょう。
    
塩分の摂り過ぎによって、皮膚に炎症や痒みが生じる恐れがあります。
ポテトチップスは塩分だけではなく、油分も多いので、食べ過ぎると肌荒れが起こるリスクは高いでしょう。料理をする際は、減塩調味料を利用するなどして、塩分を摂り過ぎないようにしましょう。

唐辛子、タバスコなどの刺激物を摂り過ぎると汗や皮脂が過剰に分泌することでニキビや吹き出物の原因となりますので、スパイシーな料理の食べ過ぎはNGです。
特に肌荒れを起こしている状態で摂ると症状が悪化する恐れがあります。
またコーヒーに含まれるカフェインには利尿作用がある為、肌荒れに有効なビタミンやミネラルを体外へ排出させてしまいますので、カフェインの摂り過ぎには注意してください。

 


まとめ

このようにお肌も私たちが日々食べる物から作られていきます。
その為、毎日のスキンケアも大切ですが毎日、お肌に良い食事を心がけるということも非常に大切です。

薬や化粧品でケアし続けても肌荒れが改善しないという方は、一度食生活を見直してみませんか?
美肌へと導いてくれるビタミンの多い食べ物を意識して食べて、体の内側から美しくなっていきましょう。